読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

フォルクスワーゲン up! 2016年末にマイナーチェンジ!フェイスリフトされた姿を公開!

フォルクスワーゲン、up!が、2016年にマイナーチェンジされます。

今回は、国産同クラスのパッソと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク



1.発売日

up!のマイナーチェンジ版の日本発売日は、2016年末の予定です。

2.デザイン

f:id:totalcar:20160709224411j:plain

f:id:totalcar:20160709224418j:plain

f:id:totalcar:20160709224422j:plain

現行up!
f:id:totalcar:20160709224432j:plain

フロントグリル周りのデザインが若干変わっていることが分かります。

こちらは、パッソ。
f:id:totalcar:20160709224811j:plain
どこか、似ているような似ていないような。

3.パワートレイン

新型up!は、エンジンがパワーアップします。

1.0Lターボエンジンを搭載し、
最高出力・・・90ps
最大トルク・・・16.3kgm

を発揮し、0-100km/h加速は約10秒ということです。

現行up!には、1.0L、NAエンジンが搭載されており、
最高出力・・・75ps
最大トルク・・・10.5kgmです。

トヨタの新型パッソは、
最高出力・・・69ps
最大トルク・・・9.4kgm

と、新型up!の方が圧倒的にパワフルです。

その代わり、燃費はパッソの方が低燃費です。

4.価格

新型up!は、ターボがついてパワフルになる分、価格は上昇します。

現行比10万円ほどアップ!の、165万円~になると予想されています。

パッソは、通常モデルが115万円~、MODAが143万円~と、価格はパッソのほうが安いですね。

5.総括

普段使いに便利なパッソに対して、up!は、コンパクトカーにもある程度の性能を求めるユーザーにニーズがありそうです。

新型up!は、ターボエンジンを搭載し、このクラスでは一番の運動性能を持ちます。

これまでのup!は、多種多彩な日本のコンパクトカーに埋もれてあまり見かけませんでしたが、個性を出して販売台数を伸ばすことができるでしょうか。

スポンサーリンク



※up!、パッソ契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。