読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

【スイフトスポーツ 新型 2017】発売時期は夏頃。価格は200万円弱か。カタログ情報!

2017年2月28日更新

スズキ、スイフトスポーツの新型には、4WDがラインナップされるようです。

今回は、よく比較検討される、フィットRS、ノートNISMO Sと比べてみましょう。

スポンサーリンク


1.発売時期

新型スイフトスポーツの発売時期は、2017年夏頃です。

ベースとなるスイフトのフルモデルチェンジから半年ほど遅れての発売となります。

現在は一時的にスイフトスポーツの販売は休止しています。

2.デザイン

新型スイフトのスパイショットが海外で撮影されました。

f:id:totalcar:20170228222938j:plain

f:id:totalcar:20170228222941j:plain出典:carscoops

これを見ただけでは、新型スイフトがベースになっているんだな。ということくらいしか分かりませんが、新型スイフトスポーツは、デザインが差別化され、チャンピオンイエローが用意されることでしょう。

3.スペック

新型スイフトスポーツには、従来の1.6L自然吸気エンジンに代わり、1.4Lターボエンジンが搭載されると予想されています。

気になるターボエンジンのスペックは、
最高出力・・・140ps/5500rpm
最大トルク・・・22.4kgm/1500-4000rpm

になります。

1.6L自然吸気エンジンに比べ、低回転域から太いトルクが出るため、加速などが良くなると予想されます。

ライバル車のスペックは

フィットRSには、1.5L自然吸気エンジンが搭載されています。

そのスペックは、
最高出力・・・132ps/6600rpm
最大トルク・・・15.8kgm/4600rpm


ノートNISMO Sには、1.6L自然吸気エンジンが搭載されています。

そのスペックは、
最高出力・・・140ps/6400rpm
最大トルク・・・16.6kgm/4800rpm

です。

こうして比較してみても、スイフトスポーツの新エンジンのトルクの太さが分かります。

更に注目したほしいのが車両重量で、スイフトスポーツは、フィットRSやノートNISMO Sに比べて100kg程度軽くなります。

こうしたコンパクトカークラスで100kgの差は大きく、ライバル車と比較してもスポーティーな走りを楽しむことができるでしょう。

4.価格

新型スイフトスポーツの価格は、先代よりも高くなり、200万円前後になるでしょう。

ライバル車の価格は

フィットRSは192万円~

ノートNISMO Sは232万円~

と、ノートNISMO Sの高さが際立ちます。

この中では、ノートNISMO Sが一番エクステリア、インテリアなど差別化がされているので、そのためのコストが入っているのでしょう。

5.総括

新型スイフトスポーツは、よりスポーティーに生まれ変わるようです。

「走り」という点では、コンパクトカー随一の走りを実現しそうです。

広さなど、実用性も重視する場合は、フィットやノートの方が良いかもしれません。

6. 新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。