読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

新型スーパーグレート マイナーチェンジ準備中?2017年にマイナーチェンジか。

2017年3月3日更新

三菱ふそうの大型トラック、スーパーグレートがマイナーチェンジされるようです。

トラックなので、あまりなじみはないですが、せっかくなのでお伝えします。

スポンサーリンク



1.発売時期

スーパーグレートのマイナーチェンジ時期は、2017年頃になるでしょう。

大型トラックは10年以上フルモデルチェンジされないことが当たり前で、スーパーグレートも1996年からフルモデルチェンジされていません。

今回も、マイナーチェンジになる見込みです。

2.テスト走行

新型スーパーグレートのテスト走行が始まっています。

f:id:totalcar:20160719141153j:plain出典ヤフー

現行スーパーグレート
f:id:totalcar:20160719141410j:plain出典三菱ふそう

偽装されていますが、フロントのプレスラインが若干変わっているように見えます。

最近は大型トラックでも太いメッキバーを配置して迫力のあるデザインになっているもの(プロフィア、ギガなど)も多いですが、この擬装を見る限りは、デザインの変更は小さなものになりそうです。


ライバル社の大型トラック達
日野、プロフィア
f:id:totalcar:20160719141730j:plain

いすゞ ギガ
f:id:totalcar:20160719141741j:plain

UD クオン
f:id:totalcar:20160719141750j:plain

3.改良点

新型スーパーグレートは、燃費と安全性が向上するでしょう。

燃費は、タイプによって大きく異なりますが、数%程度の向上になると予想されています。

4.信頼性の向上が急務か

三菱ふそうといえば、かつてのリコール隠しが記憶にあたらしいところです。

現行のスーパーグレートは、2016年内だけでも5件のリコールを発表しています。

三菱ふそうトラック・バス株式会社 リコール等の情報


日野「プロフィア」も2016年だけで5回のリコールを発表しているので、大型トラックでは頻繁なリコールも珍しくないのかもしれません。


私はトラック業界の人間ではないのでスーパーグレートの評判がどうなのかは知りませんが、あまりリコールを連発していると、「ホンダ、フィットハイブリッド」のようにブランドイメージを毀損させることにもなりかねません。

もちろん、リコール隠しをするよりは良いですがね。

5.総括

トラックなのであまり活発にモデルチェンジ前の情報交換がされていません。

現時点でわかっていることはこの程度です。


最近はトラック運転手の過労、事故などが問題となっています。

ぜひとも、自動ブレーキや疲労検知装置など、安全性能を高めていってもらいたいものです。

もっとも、こうした最新型のトラックを購入できるのは、大手の運送会社だけなのかもしれませんが・・・。


トラックは個人にはあまりなじみがないので話題にはなりませんが、先進の予防安全技術や自動運転技術がいち早く搭載される車でもあります。

そういった意味でも注目していきたいですね。

6.新車、中古車を契約の前に!

乗用車や小型トラックの買い替えを検討している方はこちら
>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

中型、大型トラックの買い替えを検討している方は、こちら
>>トラック、バス、重機も!カービュー商用車買取一括査定

トラックの買取相場などはこちらをご覧ください。
xn--pckwbo6kt67pwik076feyo.net

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。