読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

スペーシアカスタムZ 内装も特別仕様!カラーは全10色でツートンカラーも。価格、画像などカタログ情報

スズキ

スズキから、スペーシアのど派手版、スペーシアカスタムZが登場します。

どんどんギラギラなデザインになっている軽カスタムの最終型のようなデザインにビックリ!

今回も、ライバル車と比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.外装、内装デザイン

スペーシアカスタムZは、スペーシアカスタムを更に派手にしたモデルです。

フロントグリルの太いシルバーメッキにビックリです。

f:id:totalcar:20161206125949j:plain

ワゴンRスティングレーの顔つきにメッキグリルを追加したような感じですね。

リヤ
f:id:totalcar:20161220103631j:plain
リヤはスペーシアカスタムから変更はありません。

インテリア
f:id:totalcar:20161220103703j:plain出典スズキ
インテリアは、スペーシアカスタムに比べて、チタンシルバーのアクセントが追加され、上質な空間を演出しています。


ライバル車達もカスタム系はどんどんギラギラ系のデザインになっていますが、

ギラギラ系の先駆け、N-BOXカスタム
f:id:totalcar:20161206131417j:plain

タントカスタム、トップエディション
f:id:totalcar:20161206131420j:plain

スペーシアカスタムZは、これらのライバルを上回るギラギラ感です。

2.カラーは全10色

ティザーサイトでも公開されていますが、スペーシアカスタムZのカラーは全10色です。
(モノトーン7色、ツートンカラー3色)

<モノトーン>
f:id:totalcar:20161206131132j:plain

・ホワイト系
・レッド系
・ブルー系
・イエロー系
・パープル系
・シルバー系
・ブラック系

<ツートンカラー>
f:id:totalcar:20161206131242j:plain画像出典スズキ
ツートンカラーは全てルーフ、サイドミラーはブラック
・レッド系
・ブルー系
・イエロー系

N-BOXカスタムにもツートンカラーは有り、タントカスタムにはツートンカラーはありません。

3.燃費、自動ブレーキなどは優秀!

さて、スペーシアカスタムZですが、当然ベースはスペーシアです。
フルモデルチェンジやマイナーチェンジではありませんから、基本的なスペックはスペーシアに準じます。

スペーシアは、もともと燃費や自動ブレーキ性能などは、ライバル車よりも一歩進んでいます。

スペーシア
NAモデル・・・32.0km/L
ターボモデル・・・26.8km/L

タント
NAモデル・・・28.0km/L
ターボモデル・・・26.0km/L

N-BOX
NAモデル・・・25.6km/L
ターボモデル・・・23.8km/L

<自動ブレーキ>
スペーシア・・・5km/h~100km/hで作動
タント・・・4km/H~80km/hで作動
N-BOX・・・5km/h~30km/hで作動

スーパーハイトワゴン徹底比較はこちらから
totalcar.hatenablog.com

4.発売日、価格

スペーシアカスタムZの発売日は、2016年12月26日です。

価格は、スペーシアカスタムプラス5万円程度になると予想されていますが、現時点では発表されていません。

5.総括

スペーシアは、デザインの押し出し感、高級感が今ひとつ足りない。という声をよく聞きました。

今回の比較記事でもお分かりいただけたと思いますが、元々、燃費や自動ブレーキなどの性能はライバル車よりも一歩進んでいます。

そういった優位性はそのままに、デザインを一新させたスペーシアカスタムZの投入により、スペーシアの販売台数がグッと増えるかもしれません。

ちなみに、スペーシアは2017年~2018年にフルモデルチェンジが予想されています。
スズキ スペーシア モデルチェンジは2017年末~2018年初頭。燃費が更に向上。デザインも! - Bibit!モデルチェンジ情報!

今回のスペーシアカスタムZの投入は、フルモデルチェンジ前のテコ入れの意味合いもあるでしょう。

スポンサーリンク



※新車、中古車契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。