読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

ソリオ ストロングハイブリッド 発売日は2016年11月29日。燃費は32km/L。最新情報まとめ!

スズキ

ソリオに、ストロングハイブリッドが登場します。

先日発売されたトヨタ、ルーミー・タンクと比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

ソリオ、ストロングハイブリッドの発売日は、2016年11月29日です。

もともと2015年末頃の予定でしたが、開発の遅れや、燃費不正問題などでずいぶん遅れました。

2.サイズ

サイズは、現行ソリオと変わりません。
現行ソリオは、全長3,710mm×全幅1,625mm×全高1,745mm
ポルテは、全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,690mm

バッテリーの関係でトランク下のサブトランクがなくなるのみです。

車内の広さは、
ソリオは、室内長2,515mm×室内幅1,420mm×室内高1,360mm
ルーミー・タンクは、室内長2,180mm×室内幅1,480mm×室内高1,355mm

です。

ソリオの室内長が随分長いことが分かります。

室内幅はルーミー・タンクの方が広いですが、全体的にはソリオの方が広く感じるでしょう。

3.燃費

ここが、今回の最大の注目点です。
現行のマイルドハイブリッドでも、ソリオの燃費は27.8km/Lで、ルーミー・タンクの24.6km/Lを上回っています。

ストロングハイブリッドは、32km/Lなので、燃費はソリオが圧倒的有利ですね。

現時点ではルーミー・タンクにハイブリッド設定の情報はありません。

4.エンジン、モータースペック

ソリオストロングハイブリッドは、1.2Lエンジンとモーターが組み合わされます。

<エンジン>
最高出力・・・91ps
最大トルク・・・12.0kgm

<モーター>
最高出力・・・13.6ps
最大トルク・・・3.1kgm

ルーミー・タンクの1.0Lターボエンジンは、
最高出力・・・98ps
最大トルク・・・14.3kgm

です。

モーターの特性として最初から最大トルクが出るため、ルーミー・タンクのターボ車以上の加速が期待できそうです。

5.価格

ストロングハイブリッドには、もちろん、デメリットもあります。
最大のデメリットは、価格の上昇です。

<ソリオ>
HYBRID SX・・・1,917,000円
HYBRID SZ・・・2,062,800円

<ソリオバンディッド>
HYBRID SV・・・2,046,600円

マイルドハイブリッドと比較して、21万円ほど価格は高くなります。

トヨタのハイブリッド車は、ガソリン車に比べてプラス40万円程度が相場になっていますが、ソリオストロングハイブリッドは、トヨタのハイブリッドに比べるとモーター出力が抑えられる分、価格の上昇も抑えられています。

しかし、ガソリン代で元を取るには30万キロ以上必要な計算になり、普通は元は取れません。

そんな方には、非ハイブリッドの
G・・・1,454,760円

マイルドハイブリッドの
HYBRID MX・・・1,695,600円
HYBRID MZ・・・1,841,400円

も用意されているので、そちらを選ぶと良いでしょう。

ルーミー・タンクは、
NA車が1,463,400円~
ターボ車が1,803,600円~

です。

パワー、燃費を考えると、ソリオの方がお買い得でしょう。

6.デザイン

ソリオはストロングハイブリッドでも、デザインの変更はありません。

カタログ画像
f:id:totalcar:20161114000613j:plain

カタログを見る限り、ハイブリッドのエンブレムが黒くなっているくらいの違いですね。

7.総括

ソリオとルーミー・タンクを比較してみましたが、ソリオの優秀さが際立つ結果となりました。

ストロングハイブリッドということで、圧倒的な燃費が魅力ですが、広さや価格でもソリオに分がありそうです。

これなら、ルーミー・タンクにも十分対抗できるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



※ソリオ、ストロングハイブリッドの契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
マイルドハイブリッドとストロングハイブリッドの差額分が出るかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。