読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

シャトル、シャトルハイブリッド マイナーチェンジは2016年末~2017年に。

ホンダ

ホンダ、シャトルがマイナーチェンジされます。

今回は、ライバルのカローラフィールダーと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク



1.発売時期

シャトル、シャトルハイブリッドのマイナーチェンジ時期は、2016年末~2017年ごろです。

f:id:totalcar:20160623213220j:plain

2.燃費

現在、シャトルガソリン車の燃費は、21.8km/L
シャトルハイブリッドの燃費は、34.0km/Lです。

対するカローラ・フィールダーの燃費は、33.8km/L
ガソリン車が23.0km/Lです。

シャトルはマイナーチェンジでガソリン車、ハイブリッド車共に燃費が向上するといわれています。

ガソリン車でもフィールダーの燃費を上回ることになるでしょうか。

3.広さ

シャトル、カローラフィールダー共に、車内の広さも特徴的な車ですので、比較してみましょう。

シャトル
室内長1,925mm×室内幅1,450mm×室内高1,290mm

カローラフィールダー
室内長1,945mm×室内幅1,430mm×室内高1,200mmです。

室内長はカローラフィールダーの方が長く、室内幅と室内高はシャトルの方が広いです。

今回はマイナーチェンジなので、室内空間に変更はないでしょう。

4.ホンダセンシング搭載

現在、シャトルには、あんしんパッケージという時速30km以下でしか動作しない自動ブレーキが搭載されていますが、マイナーチェンジで、ホンダセンシングが搭載されるといわれています。

カローラフィールダーには、トヨタセーフティセンスCが搭載されています。

シャトルにホンダセンシングが搭載されれば、どちらも同程度の高性能な自動ブレーキを搭載することになります。

スポンサーリンク



※新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
ガソリン車とハイブリッド車の差額が出るかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。