読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

BMW 新型5シリーズ Mスポーツやツーリングなど最新情報!画像、サイズ、価格はどうなる?

2017年1月15日更新

BMW、次期5シリーズの最新情報をお伝えします。

ライバルの、ベンツEクラス、アウディA6と比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.発売時期

新型5シリーズは、2017年1月のデトロイトモーターショーでワールドプレミアされました。

日本発売は2017年初頭になるでしょう。

2.デザイン

新型5シリーズは、7シリーズや3シリーズと同じように、ヘッドライトからフロントグリルがつながったようなデザインになりました。
f:id:totalcar:20170115102534j:plain

f:id:totalcar:20170115102537j:plain出典Carscoops

賛否両論ありますが、これが、これからのBMWのデザインなのでしょう。

3.パワートレイン

新型5シリーズのパワートレインは、
・直4、2.0Lターボエンジンを搭載した530i
・直6、3.0Lターボエンジンを搭載した540i
・直4、2.0Lディーゼルターボエンジンを搭載した530d
・直4、2Lターボエンジンをモータのプラグインハイブリッドシステムを搭載した、530e
・V8、4.4Lターボエンジンを搭載した、M550i

がラインナップされます。

遅れて、523iも投入されるといわれています。

注目はその燃費で、クリーンディーゼル車の燃費は25km/L、プラグインハイブリッド車の燃費は、50km/Lにも達するといわれています。

新型5シリーズは、各所の部品の見直しにより約100kgの軽量化をじつげんしています。

これが、燃費には大きく効いているのでしょう。

ライバル車のパワートレインは

Eクラスには、
184psを発揮する、直4、2.0Lターボエンジン
211psを発揮する、直4、2.0Lターボエンジン
333psを発揮する、V6、3.5Lツインターボエンジン
194psを発揮する、直4、2.0Lディーゼルターボエンジン
401psを発揮する、V6、3.0Lツインターボエンジン

がラインナップされています。


アウディA6には、
190psを発揮する、直4、1.8Lターボエンジン
252psを発揮する、直4、2.0Lターボエンジン
333psを発揮する、V6、3.0Lターボエンジン

がラインナップされています。


ダウンサイジングターボエンジンやクリーンディーゼル、プラグインハイブリッドなど、ライバル車と同じようなラインナップですね。

BMWはクリーンディーゼルが得意、アウディはダウンサイジングターボが得意、メルセデス・ベンツは、最近はハイブリッドに力を入れています。

4.ツーリングも

新型BMW5シリーズには、もちろんツーリングも用意されます。

新型BMW5シリーズツーリングのCG画像
f:id:totalcar:20170115104344j:plain出典:theophiluschin.com

セダンから少し遅れて発表されるでしょう。

5.Mスポーツの装備

新型BMW5シリーズにも、Mスポーツが用意されます。

新型BMW、5シリーズMスポーツの装備は、

・専用フロントバンパー
・専用リヤバンパー
・専用サイドスカート
・専用アルミホイール
・専用サスペンション
・専用スポーツシート
・専用ステアリングホイール

など、スポーティな専用パーツが用意されています。

6.最新装備

次期5シリーズには、最新の装備が多数搭載されます。

新型5シリーズに搭載される主な最新装備は、

・リモートコントロールパーキング
車外からキーを操作することで自動で駐車することができる機能

・BMWジェスチャーコントロール
ナビゲーションモニターの前でジェスチャーをすることで音量調節などの操作をすることができます。

・ステアリング&レーンコントロールアシスト
ステレオカメラで車線と前方車両を検知し、ステアリングを制御する機能。

海外では自動車線変更機能が搭載されていますが、日本仕様には搭載されていません。

ライバル車の最新装備は、

Eクラスには、自動車線変更機能を含む運転支援機能が搭載されています。

何故新型5シリーズには搭載されなかったのか。左側通行の日本仕様の開発が間に合わなかったものと推測されます。

次期5シリーズにはこういった最新装備が搭載されますが、自動運転ではライバルより若干遅れをとっているように感じます。

アウディA6は、2011年と古いため、自動ブレーキは搭載されていますが、自動運転に準じた機能などは搭載されていません。

新型に期待です。

7.価格

新型BMW5シリーズの価格は、現行よりも若干高くなると予想されています。

グレード別の価格はまだ発表されていませんが、523iが投入されるまでは、現行よりもエントリー価格はかなり上がるでしょう。

ライバル車の価格は

Eクラスの価格は、675万円~です。

アウディA6の価格は、628万円~です。

7.総括

新型BMWは、大幅な軽量化と最新の運転支援技術の採用など、最近のトレンドに沿った進化をしたといえます。

特に、燃費ではクラスNo1を実現し、ガソリン代を気にすることなくBMWの駆け抜ける歓びを味わうことができるでしょう。

スポンサーリンク



※新車、中古車契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

自分の車の価値を知らなければ、下取り価格が高いのか安いのかも分かりません。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

もし、下取り価格の方が高ければ下取りに出せば良いし、買取り業者の方が高ければ買取りに出した方が、その分グレードを上げたりオプションをつけたりすることができます。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。