読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

ハイエース 5型 最新情報!2017年にマイナーチェンジで自動ブレーキ搭載へ

トヨタ、ハイエースがマイナーチェンジされ、5型になるという情報が入ってきました。

今回は、ライバル、日産キャラバンと比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク



1.マイナーチェンジ時期

ハイエースのマイナーチェンジは、2017年中に実施されるでしょう。

f:id:totalcar:20160906213429j:plain

ハイエースは、2018年にフルモデルチェンジが予定されています。
totalcar.hatenablog.com

2.目玉はトヨタセーフティセンスC搭載

5型ハイエースには、トヨタセーフティセンスCが搭載され、これが今回のマイナーチェンジの目玉となるようです。

日産キャラバンには、2016年1月にエマージェンシーブレーキが搭載されています。

トヨタセーフティセンスCとキャラバンの予防安全性能を比較してみると、

トヨタセーフティセンスC
・プリクラッシュセーフティシステム
15km/h~140km/hで作動し、最大30km/h減速

・レーンディパーチャーアラート

・オートマチックハイビーム

キャラバン
・エマージェンシーブレーキ
5km/h以上で作動し、最大30km/h減速


キャラバンには、レーンディパーチャーアラートやオートマチックハイビームの採用がありませんので、予防安全性能は新型ハイエースが上回ることになるでしょう。

3.荷室空間は?

5型ハイエースの荷室空間は、現行4型と同等になります。

ベーシックなグレードでキャラバンと比べると、

ハイエース
荷室長3,000mm×荷室幅1,520mm×荷室高1,335mm

キャラバン
荷室長3,050mm×荷室幅1,520mm×荷室高1,325mmです。

荷室の広さはほぼ同等です。

4.総括

トヨタ・ハイエースと日産キャラバンは、長年のライバルながら、リセールバリューに大きな差が有ります。
「ハイエースは資産になる」とも言われているほどです。

自動ブレーキをクラス初搭載していたハイエースですが、その優位性もなくなると、やはりハイエース有利になるものと予想できます。

5.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。