読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

フリード モデルチェンジは2014年12月?新ハイブリッドシステム採用で燃費に注目!

ホンダ

ホンダの、フリードにフルモデルチェンジの情報が入りました!
どうやら、2014年の12月頃にもフルモデルチェンジされるそうです。

今回のフルモデルチェンジで注目すべき点は、
ハイブリッドシステムの刷新でしょう。


フィットが、2代目から3代目になった際、
IMAという簡易的なハイブリッドシステムから、
i-DCDというトヨタにも劣らない本格的なハイブリッドシステムに
なったのと同様、フリードも現在はIMAですが、
新型からi-DCDが採用されるようです。

恐らく、排気量も1500ccで、フィットハイブリッドのものが
そのまま採用されることになりそうです。

おっと、そのままといっても、フィットで多発している
不具合の部分はもちろん改善して欲しいですけどね。


i-DCDは、不具合さえ解消されれば、トヨタのハイブリッドよりも
走りも楽しく、良いのではないかと個人的には思うので、
もう少し熟成されるのを待ちたいところです。

サイズは、コンパクトなミニバンとして、現行とほぼ同じ、
当然、5ナンバーサイズも維持されることになるはず。

f:id:totalcar:20140328090754j:plain

出典HONDA


サイズに制約があるなか、いかにして居住空間を維持するか。
ハイブリッドの電池を置くスペースなど、工夫が凝らされるでしょう。

このジャンルでは、トヨタ・シエンタがライバルと言えますが、
販売台数的には、実質、フリードの独走状態です。
(2013年、フリード68,000台、シエンタ22,000台と、
3倍以上の差がついています。)

元々の使い勝手などでは、シエンタよりも大きな優位性があるので、
本格的ハイブリッドの採用により、燃費が大きく伸びれば、
更に差を広げることになりそうです。

ただ、ライバルのシエンタにも、モデルチェンジで
ハイブリッド登場の噂もありますので、
油断はしていられませんけどね。

 

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。