読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

各社の自動ブレーキ比較!自動ブレーキ搭載車は保険料割引へ。

その他

2017年1月から、自動ブレーキ搭載車の自動車保険料が割引になる方針が決定したようです。

今回は、各社の自動ブレーキ性能比較をしてみましょう。

スポンサーリンク



・トヨタ

トヨタセーフティーセンスP
・車に対しては、10km/h以上で作動し、40km/hの減速が可能
・歩行者に対しては、10km/h~80km/hで作動し、30km/hの原則が可能
搭載車種・・・プリウス、ランドクルーザーなど


トヨタセーフティセンスC
・車に対して、10km/h~80km/hで作動し、30km/hの減速が可能
搭載車種・・・アクア、カローラ アクシオ、フィールダー、オーリス、ヴィッツ、シエンタ、アベンシスなど。

・日産

エマージェンシーブレーキ
・5km/h以上で作動。60km/h以下なら衝突回避可能
搭載車種・・・フーガ、スカイラインなど

・10km/h~80km/hで作動。30km/h以下なら衝突回避可能
搭載車種・・・ノート、セレナ、エクストレイル、ティアナなど

・ホンダ

ホンダセンシング
・5km/h以上で作動
搭載車種・・・レジェンド、ジェイド、ステップワゴン、オデッセイなど

マツダ

i-ACTIVSENSE
・4km/h~30km/hで作動
搭載車種・・・CX-3、CX-5など

・15km/h以上で作動
搭載車種・・・アクセラ、アテンザなど

・スバル

アイサイト
・全速度域で作動。50km/h以内なら衝突回避可能(ver2は)
搭載車種・・・レヴォーグ、インプレッサ、フォレスター、XVなど

・スズキ

デュアルカメラブレーキサポート
・5km/h~100km/hで作動。50km/h以下で衝突回避可能
搭載車種・・・スペーシア、ソリオハイブリッドなど

レーダーブレーキサポート
・5km/h~30km/hで作動。
搭載車種・・・ワゴンR、ハスラー、アルト、アルトラパン、エブリイなど。

・ダイハツ

スマートアシストⅡ
・4km/h~50km/hで作動。速度差20km/h以内なら衝突回避可能
搭載車種・・・ムーヴ、タント、キャストなど

スマートアシスト


ざっと、以上のようになっています。
各社、自動ブレーキに力を入れ始めた、最近のものをピックアップしています。
高級車には、昔からプリクラッシュセーフティシステムなどがオプションで選択できたりしますので、個別でご確認ください。

性能で言えば、スバルのアイサイトがやはり優秀です。

軽自動車では、スズキのデュアルカメラブレーキサポートが優秀ですね。

保険料の割引に関しては、自動ブレーキの性能が良い車が大きく保険料が値引かれ、悪い車は値引率が悪いといったことはなく、一律10%ほどの割引になるということです。

簡易的な自動ブレーキで、5万円くらいで追加できるものがお得ですね。
安全に関わることなので、損得の問題でもないかもしれませんが。

スポンサーリンク



※中古車査定のサイトです。スマホからも簡単!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。