読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

オーリス フルモデルチェンジ TNGA採用でゴルフに追いつくか!基本性能が大幅アップ!

トヨタ、オーリスがフルモデルチェンジで、大きく進化するという情報が入ってきました。

オーリスは、欧州が主戦場の車なので、フォルクスワーゲン、ゴルフと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク



1.フルモデルチェンジ時期

オーリスは、2017年末~2018年初頭頃にフルモデルチェンジが予定されています。

現行型は2012年から発売されているので、ちょうど6年程度でのフルモデルチェンジですね。

テスト走行の様子

f:id:totalcar:20160705173945j:plainautoweek.nl

2.TNGA採用

次期オーリスには、TNGAプラットフォームが採用されます。

TNGAプラットフォームは、低重心、高剛性、低コストを両立するプラットフォームで、新型プリウスから採用されました。

新型プリウスでは、ゴルフほどではないものの、先代に比べれば確実に走りがレベルアップしたと、好評です。

オーリスは欧州が主戦場で、ゴルフと真っ向勝負することになるので、より剛性が高められることでしょう。

3.サイズ

新型オーリスは、全幅が広くなり、全高が低くなると予想されています。

現行オーリスのサイズは、
全長4,330mm×全幅1,760mm×全高1,680mmです。

対するゴルフは、
全長4,265mm×全幅1,800mm×全高1,460mmです。

ゴルフに近いフォルムになるということですね。

4.パワートレイン

パワートレインは、現行と同じくガソリンエンジン、ターボエンジン、ハイブリッドがラインナップされると予想されています。

ここで注目はターボエンジンで、
現行オーリスのターボエンジンは、1.2Lターボですが、
最高出力・・・116ps/5,200rpm~5,600rpm
最大トルク・・・18.9kgm/1,500~4,000rpm

です。

新型オーリスのターボエンジンは、スペックは同等程度ですが、燃費が20km/Lを超えてくると予想されています。

ゴルフにも同じく1.2Lターボエンジンが搭載されていますが、
最高出力・・・105ps/4,500~5,500rpm
最大トルク・・・17.8kgm/1,400~4,000rpm

燃費は21.0km/Lです。

5.総括

オーリスは、ゴルフと常に比較される存在ですが、これまでは走りの面では全くかなわない。という評価でした。

新型オーリスはTNGAプラットフォーム採用で、確実に基本性能を上げてきます。
結果、ゴルフに追いついたという評価をもらえるのか、注目です。

走行性能さえ追いつけば、環境性能は既にトヨタ有利ですからね。

スポンサーリンク



※オーリス、ゴルフ契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。