読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

新型 アウディA4 オールロード フルモデルチェンジ情報。日本発売まもなく!

外車

アウディA4、オールロードがまもなくフルモデルチェンジされます。

今回は、新型アウディA4 オールロードが、現行型とどう変わるのか、比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク



1.発売日

新型アウディA4オールロードの日本発売は、2016年7月です。

2.デザイン

新型
f:id:totalcar:20160603152841j:plain

f:id:totalcar:20160603152845j:plain

現行型
f:id:totalcar:20160603152953j:plain

f:id:totalcar:20160603152955j:plain

フロントグリルやヘッドライトの造形が、直線的かつ角ばったデザインになりました。

3.価格

新型アウディA4オールロードは、658万円~という情報が入っています。

現行アウディA4オールロードは、636万円~ですから、22万円の値上げということになります。

価格に見合った内容になっているのか、検証していきましょう。

4.サイズ

新型アウディA4オールロードのサイズは、
全長4,750mm×全幅1,840mm×全高1,495mmです。

現行型のサイズは、
全長4,720mm×全幅1,840mm×全高1,495mmですから、全長が30mm長くなっています。

サイズはほぼ同じですね。

5.スペック

新型アウディA4オールロードには、2.0L直4ターボエンジンが搭載されます。
最高出力は252ps、最大トルクは37.7kgmです。

現行型のエンジンスペックは、
最高出力224ps、最大トルク35.7kgmですから、パワフルになっています。

6.装備

電動ハッチゲートが標準装備になるほかは、LEDヘッドライトなどはオプションです。

現行型でも装備は比較的充実していましたから、装備面ではさほど変わりないようです。

7.走り

新型アウディA4オールロードには、新しいプラットフォーむ、MQBが採用されます。

MQBの採用により軽量化、剛性の向上が実現し、車の基本性能は大きくアップします。

サスペンションも同時に見直すことで、乗り心地の質感もアップするでしょう。

ベースとなるアウディA4でも、走りが良くなった。と良い評判を耳にしますので、オールロードにも期待が持てます。

8.総括

新型アウディA4オールロードは、価格はアップするもののMQBの採用による基本性能の向上や、エンジンもパワーアップするため、価格に見合った内容になっていると思えます。

フォルクスワーゲンの不正問題も、アウディにはさほど影響がないようなので、強気ですね。

スポンサーリンク



※アウディA4契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
オプションパックがつけられるかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。