読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

【ウェイク マイナーチェンジ】ウェイクバン 画像、価格、発売日も。

ダイハツ

※ウェイク、マイナーチェンジで検索から訪問されている方が多いようです。
この記事は、ウェイクの派生車種、ウェイクバンの情報が中心ですので、ウェイクのマイナーチェンジ情報は、こちらからどうぞ。

totalcar.hatenablog.com

スポンサーリンク


ダイハツから、ウェイクの派生車種、ウェイクバンが登場します。

ウェイクバンは、乗用車、ウェイクをベースとした貨物車となります。
ダイハツの軽バンといえば、ハイゼットカーゴがありますが、どういった違いになるのでしょうか。

①発売日
ウェイクバンは、2016年6月13日に発売予定です。


②デザイン
基本的にはウェイクですが、

f:id:totalcar:20160418210327j:plain

バンパーやヘッドライトなど、コストカットの為にブラックの樹脂バンパーだったり、ハロゲンヘッドライトになったりしそうです。


③積載性
ウェイクとハイゼットカーゴの積載性を比較してみましょう。

後部座席を倒した場合の荷室の広さは・・・

ウェイク
荷室高・・・1,140mm
荷室幅・・・875mm
荷室長は発表されていませんが、1,500mmないくらいだと言われています。

ハイゼットカーゴ
荷室高・・・1,235mm
荷室幅・・・1,375mm
荷室長・・・1,860mm

数字で見ると、圧倒的にハイゼットカーゴが広いです。

ウェイクの荷室幅は、タイヤハウスの部分で測っているので、それ以外の部分はもう少し広いですね。

やはり、積載性はハイゼットカーゴ有利です。


④価格
バン仕様として色々な装備がカットされるため、価格はダウンします。

詳しい価格が明らかになりましたら、随時更新します。


ウェイクバンとハイゼットカーゴを比較してみましたが、「荷物を積む」ことだけを考えると、やはりハイゼットカーゴの方が積めそうです。
ただ、乗り心地など、乗用車ベースのウェイクバンの方が快適性は上で、少しでも快適に仕事をしたい。といったところにニーズがあるでしょうか。

貨物車として登録しようとすると、後部座席のリクライニングなど、色々と制約が出てきますが、どうなるのでしょうか。
そういったところも随時更新していきます。

※追記
どうやら、ウェイクバンはハイゼットキャディという名前で発売されるようです。
ハイゼットキャディの情報は、こちらからどうぞ。
totalcar.hatenablog.com


スポンサーリンク



※ウェイク・ウェイクバンの契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。