読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

マツダ MPV 生産終了。ビアンテとプレマシーも生産終了し、ミニバン撤退へ。

マツダ、MPVがの生産、販売が終了しました。

マツダ公式ホームページのカーラインナップからも、MPVの記載が消えています。

マツダは、ミニバンの生産から撤退する方針を決めているようです。

現時点では、ビアンテプレマシーはラインナップに載っています。が、2016年中に生産終了となる予定です。

元々、ミニバンは国内にしか大きな市場がなく、国内でのシェアが高くなく、経営資源も限られているマツダは、好調なSUVなどに集中すべく、ミニバン撤退の決断をしたということです。

ミニバンは、トヨタ、日産、ホンダが圧倒的に強いので、賢明な判断でしょう。

今後、SUVに注力するということで、CX-3、CX-5の他にも、CX-4、CX-7、CX-9などの投入が期待されます。

CX-9は、3列目シートを持つSUVとして、ミニバンユーザーも一部取り込もうということで、日本発売が決まっています。

CX-9の最新情報は、こちらでお伝えしています。
totalcar.hatenablog.com

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。