読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

トヨタ ノア マイナーチェンジ 2016 最新情報まとめ!トヨタセーフティセンスC搭載。

トヨタ

トヨタ、ノアのマイナーチェンジ情報をまとめてお伝えします。

今回のマイナーチェンジでは、トヨタセーフティセンスCが搭載されるのですが、同じく自動ブレーキを売りにしているライバルである日産、セレナと比較してみましょう。

スポンサーリンク


①発売日
2016年1月6日です。


②デザイン
デザインは、基本的に現行車と変わりません。

ノーマルタイプと、
f:id:totalcar:20151116210507j:plain



エアロタイプがあります。
f:id:totalcar:20151116210506j:plain

今回のマイナーチェンジで、ハイブリッド車にもエアログレードが設定されます。



③価格
トヨタセーフティセンスが標準搭載されるグレード(X、X Vパッケージ以外)は価格アップとなります。

トヨタセーフティセンスCなので、5万円程度の値上げが予想されています。
詳しい価格が分かりましたら更新します。


トヨターセーフティセンスC
自動ブレーキとレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームがセットになったトヨタセーフティセンスCが搭載されます。
これが、今回のマイナーチェンジの目玉です。

ライバル、セレナは、このクラスのミニバンで唯一自動ブレーキが搭載されていることを売りにしていましたが、性能比較してみます。

・自動ブレーキ
トヨタセーフティセンスC・・・10km/h~80km/hで作動。 30km/h以下で衝突回避。
歩行者に対しては作動無し。

エマージェンシーブレーキ・・・10km/h~80km/hで作動。 30km/h以下で衝突回避。
歩行者に対しては、10km/h~60km/hで作動。

・レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)
これは、どちらも車線逸脱の可能性があるとき、音とディスプレイによる警告です。
ハンドルの補助はありません。

また、オートマチックハイビームはノアのみに設定されており、
アラウンドビューモニターや、踏み間違い防止アシストは、セレナのみに設定されています。


⑤セルフリストアリングコートの採用
細かい傷を自己修復することのできる塗装です。

これは、日産では高級車にしか採用されていませんね。

こういった大衆車で採用されるのは、初めてでしょうか?


⑥G'sノアの追加
ヴォクシーの記事で、G'sが追加されるのはヴォクシーだけ。とお伝えしましたが、どうやらノアにもG'sが設定されるようです。

G'sノアの発売は、2016年夏頃で、今回のマイナーチェンジでは追加されません。


⑦グレード別価格
ガソリン車
X、Vパッケージ(7人乗り)2WD・・・2,284,691円、4WD・・・2,489,891円
X、Vパッケージ(8人乗り)2WD・・・2,254,255円、4WD・・・2,459,455円

X(7人乗り)2WD・・・2,480,073円、4WD・・・2,685,273円
X(8人乗り)2WD・・・2,449,637円、4WD・・・2,654,837円

G(7人乗り)2WD・・・2,725,527円、4WD・・・2,725,527円
G(8人乗り)2WD・・・2,695,091円、4WD・・・2,695,901円

Si(7人乗り) 2WD・・・2,739,273円、4WD・・・2,739,273円
Si(8人乗り)2WD・・・2,708,837円、4WD・・・2,708,837円

ハイブリッド車
X・・・2,996,509円
G・・・3,106,473円
Si・・・3,229,200円

詳しい情報は、随時更新します。


現行モデルの受注は締め切られたようです。
いよいよ、モデルチェンジ間近となってきました。

スポンサーリンク



※新型ノア、ヴォクシーエスクァイアを契約する前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。