読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

タント マイナーチェンジ 2016年11月30日に。スマートアシスト3の機能を紹介。

ダイハツのタント、タントカスタムが11月30日にマイナーチェンジされます。

スマートアシストが3になるなど改良が加えられますが、ライバルのN-BOX、スペーシア、デイズルークスと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


この記事では、タントの情報を中心に紹介します。
軽スーパーハイトワゴン全体の比較は、こちらをご覧ください。
totalcar.hatenablog.com

1.自動ブレーキが進化

現在搭載されている「スマートアシスト2」が、スマートアシスト3に進化します。

作動速度は、車両に対して80km/hまで、歩行者に対して50km/hまでに進化します。

N-BOXの自動ブレーキは車両に対してのみ30km/hまで
スペーシアの自動ブレーキは車両、歩行者に対して100km/hまで
デイズルークスの自動ブレーキは、車両に対してのみ30km/hまで対応です。

依然としてスペーシアの自動ブレーキ性能が一番ですが、差が縮まりました。

2.価格

価格は、据え置きです。

<タント>
L・・・1,220,400円
L SA3・・・1,285,200円

G SA3・・・1,533,600円

X・・・1,355,400円
X SA3・・・1,420,200円

XターボSA3・・・1,501,200円

<タントカスタム>
X SA3・・・1,593,000円
X トップエディションSA3・・・1,652,400円

RS SA3・・・1,706,400円
RS トップエディションSA3・・・1,749,600円

です。

N-BOXは119万円~、127万円~、スペーシアはデイズルークスは133万円~です。

N-BOXのやすさが目立ちますが、自動ブレーキ性能や燃費を考えると、悪くないのではないでしょうか。

3.デザイン

デザインは、現行と変わりません。
<タント>
f:id:totalcar:20161129074015j:plain

<タントカスタム>
f:id:totalcar:20161129074023j:plain

4.その他

その他の改良点は、

・Dアシストボタンを採用
・オートハイビームを採用
・X以上にチルトステアリング、シートリフターを標準装備
・X以上にリヤヒートダクター標準装備

5.総括

燃費ではスペーシア有利は変わりませんが、軽自動車の競争は今度は安全性能に移っているのでしょうか。

自動ブレーキの性能がアップしたのにもかかわらず、価格が据え置きというのも大きいですね。
企業努力でその他コストを削減したのでしょう。

タントには、ミラクルオープンドアというライバルにはない武器が有ります。

今回のマイナーチェンジで、販売台数がある程度増えることでしょう。

スポンサーリンク



※タント、タントカスタム契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。